忍者ブログ
おいしい雑貨を粘土で作っている、食いしん坊のブログです。


◆6月20日(土曜) 2号館 M-665
クリマ自体は20、21日の二日開催ですが、Arlecchino-Dolciの出展は土曜のみとなりますのでご注意下さい。ブース№が655なのか665なのか、ちょっと分かりづらいですが、ホラー映画の金字塔、オーメンの数字「666」のお隣ですよ。



会場図的に見ると、2号館入り口からちょうど対角のあたりの端っこになります。ちょっと遠いですが、休憩ブースがすぐ近くなので、休憩がてら遊びに来て下さいね~。


さて、クリマの準備は順調なのかというと…一応進んだり、戻ったり、行ったり来たりしております。



新作…になれるのかな、どうかな…?な、ウサギのネックレス。
不思議の国のアリスに出てくる時計ウサギとラッパ吹きウサギ…(ラッパも起訴状も無いですが!)のイラストを、立版古(たてばんこ)…もしくはシャドーボックスのように立体的に組み上げてあります。



この写真だと少しはわかりやすいかな?
服や襟などが層になって浮かせてあります。ただこれ、とてもとても気泡が入りやすくて…ただでさえあまりレジンが得意ではないので、あまりご用意できなかったらごめんなさい。



後姿はシンプルに平面イラストですが、ウサギのモフモフ尻尾だけは粘土で製作。こだわりのモフ!また、クリマ会場でならネックレスからキーホルダーやストラップに金具変更も受け付けておりますので、お気軽にご相談下さいね~。

拍手



クリマ開催日までと46日になりました。

えっ…あと一ヶ月半!?私の主な使用素材の粘土も、ニス(2回~3回重ね塗り)も、乾燥までに時間がかかるので、そろそろ製作タイムリミットが迫っています…ドキドキ…。あれも作ろう、これも作ろうとバタバタしていますが手が追いついてなくて、これはまた次回(来年)かも…と既に諦める物もありつつ…アイデアは鮮度が大事だから早く出したいのですが、手が2本しかないのはどうしようにもありません。

ま、ま、とりあえず千里の道も一歩から、定番品の再製作からね。


久し振りに作った猫アイシングクッキー。色んな柄を揃えてみました。
イチオシは右から2番目、ワイルドな毛色ながら、三毛猫の一種なので穏やかな気性をもつサビ猫です。でも猫グッズにはほぼ見つけることが出来ないんですよね、柄がゴチャっとしててわかりづらいから…こんなに可愛いのにな~。



あと、ポケット叩いて増やそうとしたのに失敗しちゃった!山葡萄のクッキーも再販です。クッキーの上にぽろぽろ零れたカケラは増量してみました。



前回ご紹介した金魚の尾鰭はピアス、イヤリングにもなりましたよ。本物の尾鰭をよく見て研究した上で、リアルすぎては怖いのでは…と、オーガンジーを重ねて重ねてパニエのようにボリュームを出す事で、花のようにも見える?かも?という所を狙っております。


あとは肉。
先日、突然minneさんのメルマガ等でマンモス肉を紹介して頂き、沢山のお問い合わせを頂いたので(ありがとうございました!)、急いで香ばしくジューシーに焼きあげました。
一緒にクリマの分も作るぞ~!と、まるで原始時代のような光景が部屋に広がる事に…。



ついでにちょっと試しに作ってみたマンガ肉。
丸いフォルムがso cute (…かどうか分かりませんが)



前回のクリマでチラっと出した肉ピアスも少しだけ再製作。
夏はバーベキューの時期なので、これから大活躍するかも、しないかも。

あとは、ニャンタワーバーガーや、アップルパイ、粒マスタード付きソーセージ、猫マカロン積んだのとか…をクリマに持って行く予定です。
妖怪ブックカバーの方は粘土がひと段落後の製作になりますが、白澤、猫又など新柄もありますので、妖怪好きの方も宜しくお願いします~。金魚かんざしにそろえて金魚柄も欲しいなぁ…。

拍手




クリマに向けての新作で、金魚の尾鰭をモチーフにした簪を作りました。
作り…まだ試作中のような、だいたいまとまったよ~な。もっと本物の金魚の質感を出したいような…出来たてほやほやです。金魚の美しさの8割は尾の動きにあると思うんですよね。


冬の終わりに雪のシュシュを作った時、オーガンジーって綺麗な素材だと改めて実感し、2~3月に全く季節はずれのオーガンジーマイブームがやってきたため、珍しくの季節先取りになっております。
長めのタッセル、風に揺れる金魚の尾鰭がかなり華やかなので、浴衣に合わせて使って頂けたら嬉しいな~。

資材の簪金具の取り扱いシーズンが短いため、夏限定の物になります。まず先にminneさんで様子見、クリマと、その後も夏の間は通販の予定です…材料があれば!!
簪は髪の長い方しか使えないので、尾鰭を小ぶりにしたイヤリングにもしたいなぁ。

あとはマンモス肉をひたすら製作しています。
まずは骨…次に肉を巻かなければ…。あの絶妙なピンク肉色を作るのが苦手なので、製作のたびにドキドキしています。
今年もクリマに沢山持っていきたい…多分、できれば!!と思っておりますので、昨年逃した~!という方もぜひ宜しくお願い致します。

拍手



毎年恒例ですが、夏の名古屋クリマに申し込み、出展が確定しました。



昨年両日での出展をしてみて、2日目が在庫不足と意識朦朧としていたので、潔く今回は土曜のみの出展とさせて頂きました。ブース№が出るのはまだまだ先ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

あと、久々にminneに再販と新作が出せました~!



新作の中でオススメは、パーツの可愛さに一目惚れして作ってしまった木の実を運ぶ鳥ピアスです。




以前からツイッターで告知していた通り、お気に入り数が500感謝キャンペーンも開始しましたので、何か気になる物があればこの機会にどうぞ。と言っても、ちょっとマスクか小物がおまけに付いてくる位ですが…。
マスクは暖房で乾燥する室内ではかなり便利で、公共の場でも目立たず、でもそっと可愛いので愛用してます。



わりとすぐ売り切れちゃうマンモス肉、ラム肉、狐面ももりもり追加し、前のブログで載せたHydnellum peckiiというキノコブローチも販売開始しました。


さて、minneの在庫追加は暫くお休み。
クリマまで時間が無いので在庫作り溜めと、今ご相談いただいているオーダーに取り掛かっていきたいと思います。頑張らないとクリマに何も持っていけない…!!

拍手



もう春になろうかという頃に雪ものの新作ができました…


スノーフレークシュシュです。
アナ雪が流行したおかげで、今年はオーガンジーの雪プリント布が豊作でした。もう来年は布が買えないかも!と、もうあと10日ほどで節分が来てしまうのに製作。
だって夢みたいに可愛くなると思ったから!どうしてもどうしても作りたかったんだもん…!!!
無計画に行き当たりばったりな製作をしているので、付けたかった雪チャームも売り切れ、付けたかった白のマラボーファーも売り切れ…という感じでした。冬ものの資材は12月がピークですね…。
でも、本当にかわいくなったと思うので、宜しければ宜しくおねがいしまーす。

minne 【スノーフレークシュシュ】



あと、やっぱり作りたかったから需要考えないで作ったもう一点。
Hydnellum peckiiというキノコです。
「苺とクリーム」「悪魔の歯」と呼ばれる、かなり独特で強烈なビジュアルのキノコ。人によってはグロイ!と不評なのですが、可愛い部分だけ寄せ集めてブローチにしてみました。右のキノコはしれっとハートマーク入りです。
ネットは広大だから…お一人くらいはHydnellum peckiiが好きで身につけたい人もいるといいな…。これもそのうちminneさんに出ると思いますので、宜しくお願いします~。

拍手




PR
最新コメント
[07/01 通りすがり]
[06/30 通りすがり]
[11/22 yuri]
[07/20 kasumi]
[07/03 玉や]


※タイトル横に画像表示のある記事はお返事済みの目印です。
カウンター
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   Arlecchino-Dolci   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]