忍者ブログ
おいしい雑貨を粘土で作っている、食いしん坊のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



割とフルーツの製作は得意な私ですが、ど~してもうまく出来なかったのがキウイの種!
でも最近なんかわかったかもと思ったので、
ちょっとコツみたいなものを書いて見たいと思います。
因みにその方法で作ったキウイが


キウイ


使用した素材は
粘土:すけるくん
着色:タミヤクリアカラーグリーン+イエローと、アクリル絵具の黒

【作り方】
すけるくんを無着色のままキウイの形にして二週間ほど乾かします。
すけるくんは、とにかくよ~く練ってください。
他の粘土の様に途中で乾いてくる心配は無いので、ゆっくり作業して大丈夫です。
すり潰す様に練ってください。
練った分だけ割れにくくなり、しっかり透けますので頑張って
乾燥も他の粘土よりかかります。私は最低で2週間待ちます。
着色は、アクリル絵具はです!
不透明の絵具を使うと、折角すけるくんで作ったものも台無しになってしまいます。
タミヤじゃなくても大丈夫ですが、必ずクリアカラーの塗料を使用して下さい。


さて、本題の種の描き方ですが…
キウイの断面を想像してみてください。

キウイ断面図


こうなってます。
キウイを輪切りにしたとき、輪切りの表面に出てる種と、
果肉の奥に入ってるけど、半透明だからうっすら見える種があるんです。

キウイ種の描き方


なので、種を描く時も左図のように全部おなじ様に描かず、
濃い種と薄い種を分けて描くと本物らしく見える…気がします!
このイラストだとあまりわかりませんが…

あと、種のあたりを少し濃いグリーンで塗っておくと、
多少種が上手く描けなくても誤魔化せる(笑)場合もあります。
色々試してみてください
今のところこんなカンジのキウイで納得してますが、
更にリアルなキウイが出来たらまたご報告したいと思います

拍手



この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
はじめまして!
なるほど~~とおもってコメしました!
すけるくん自体がむずかしいですよね
キウイの作り方参考になりました!!
応援ポチ!
ましゅまろ| URL| 2009/08/16(Sun)13:37:58| 編集
有難う御座います!
コンバンハ~。いえ、二度目ましてです(笑)
すけるくんは他の粘土と扱い方が違いすぎて、なかなか難しいですよね~。
でも、フルーツはすけるくんの扱い方を憶えれば殆どいけるんじゃないかと思います!
ぜひぜひ素敵なキウイを作ってみてください!
【2009/08/18 23:21】
勉強になります!
スゴイです!!やっぱりアクリル絵の具じゃ、だめですねぇ・・・
すけるくん
いちご| | 2010/07/09(Fri)18:43:20| 編集
お役に立てましたか~
アクリル絵の具も、ほんの少しならキレイに透けますよ~!
でも、濃い色を出そうと沢山混ぜるとムリみたいです…
【2010/08/08 13:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

PR
最新コメント
[07/01 通りすがり]
[06/30 通りすがり]
[11/22 yuri]
[07/20 kasumi]
[07/03 玉や]


※タイトル横に画像表示のある記事はお返事済みの目印です。
カウンター
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   Arlecchino-Dolci   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]