忍者ブログ
おいしい雑貨を粘土で作っている、食いしん坊のブログです。
新しい型どり素材を購入しました。
海外製でまだまだ情報が少ないものなので、触った感想などをレビューしていきたいと思います。しばらく随時更新ということで、質問があればコメントにてどうぞ。
品名:【Composimold/コンポジモールド】(日本での販売社:株式会社セトコ )
10オンス(280g) 3,600円+税
20オンス(560g) 6,100円+税

<特徴>
何度でも溶かして使え、精密な型が簡単に取れる型取り材。
55度以上で溶けはじめるので、レンジで溶かして型を取り、冷えて固まれば完成。冷蔵庫に入れてもいいので、所要時間30分ほどで精密な型が取れる。
商品や使い方の詳細は販売メーカーのサイトで。


<使用した感想>
・購入後、説明書に「35回繰り返し使えます」とあったので、限界があるのかと焦ったものの、単に35回はテスト済みという事のようです。ただし水や長期の乾燥に弱いとのこと。
・なぜかオレンジのいい香り。
・かなりプルプルで柔らかい。一般的な型取りシリコンよりもコシがなく、型の余幅は厚めのほうがいいかも。

同サイズで1cmの厚みの型を持ち上げて比較した写真。透明シリコン(左)よりも、コンポジモールド(右)がかなり曲がっている。ハードタイプという少し固めのものが販売されているので、そちらの方がいいかも。
・樹脂粘土を詰めて使用していたら、10分ほど使用した時点で粘土接触部分がベトベトしはじめる。樹脂粘土中の水分に反応したのか要検証。連続使用は避けて、乾かしつつ使ったほうがいいかも。
・溶けた状態はハチミツのような粘度。もったりしているので気泡が入りやすい+冷えるまでの時間が短いため脱泡が難しい。気泡対策はドライヤーを使うなどの工夫が必要。メーカーにある使用方法の解説ページがかなり詳しいので参考に。
・型は触れ込みどおりに精密。
・何回も繰り返し使う型というより、一回限りの簡易複製向き。シリコンで量産型取りのまえに原型を増やしたいとか、プラモ用に1個だけパーツ複製とか。


使用回数1回のため、慣れてきたらもう少し付き合い方が分かりそう。


---------------------------------
【複数回使用後の追記】

・やはり粘土の水分もダメのようで、徐々に型が溶ける。粘土で使う場合は、手早く型入れ外し+連続使用は1度使うごとに10分以上乾燥が必要そう。
・UVランプは熱くなるので、9Wのような小さな物には向かない。36Wなど大きめで、熱に気をつけながら慎重使うといけるかも。
・後片付けはとても楽。攪拌に使ったプラ棒なども、コンポジモールドが冷めて固まったらペリペリ剥がせる。溶かせばそこも再利用できて無駄が無い。ゴミがほぼ出ない。危険な薬品も扱わない。
・シリコンよりもペタっとした感触。埃が付きやすいので管理はしっかりと。
・水で溶けたり、熱で溶けた状態のコンポジモールドが皮膚に付くと固まらずベトベトになるので、液状の時は素手で触らないように注意が必要。(ベトベトはクレンジングオイルなどで洗い落とせます)
・樹脂粘土は型に詰めれるが、スカルピーのような硬い粘土は無理。

拍手



この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
初めまして、コメント失礼します。コンポジモールド、泡は結構はいりますか?
通りすがり| | 2016/06/30(Thu)08:58:10| 編集
初めまして
通りすがり様

コメントありがとうございます。
粘度がかなり高いため、気泡は入りやすいです。造形の細かい原型だと、細く流し込み始めても原型表面に泡残りしました。エンボスヒーターをお持ちで、温めつつ気泡が潰せる場合はもう少し何とかなるかもしれません。
【2016/06/30 15:43】
無題
こんばんは。
やっぱり気泡はいりますか…教えて下さりありがとうございます。
通りすがり| | 2016/07/01(Fri)23:05:04| 編集
Re:無題
いえいえ、お役に立てれば幸いです。
使用感が手軽に試せる少量サンプルでもあれば便利なんですけどね。
【2016/07/02 16:47】

PR
最新コメント
[07/01 通りすがり]
[06/30 通りすがり]
[11/22 yuri]
[07/20 kasumi]
[07/03 玉や]


※タイトル横に画像表示のある記事はお返事済みの目印です。
カウンター
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   Arlecchino-Dolci   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]